めなりは本当に効果ある?口コミや成分、副作用チェック!最安値で購入できるのはアマゾン?楽天?

めなり(ブルーベリーサプリ)は本当に効果あるのでしょうか?口コミや成分、副作用をチェックしました。めなりを最安値で安全に購入するにはアマゾン、楽天、ヤフーショッピング、公式サイト、どこがいいのかについてもまとめました。めなり購入前の参考にしてください。

ブルーベリーの効果

ブルーベリーの糖尿病予防・改善効果

ブルーベリーにはフラボノイドの一種であるアントシアニンが豊富に含まれています。

アントシアニンはブルーベリーや、色の濃いブドウ、赤ワイン、赤色あるいは青色の野菜などに含まれています。

フラボノイドとは、野菜や果物などの植物に含まれる色素成分のことです。

化学上の構造から「ビタミンP」ともいわれます。

フラボノイドは、抗酸化作用が強く、血管を強くするという特徴があります。

フラボノイドの種類によっては、糖尿病や高血圧、動脈硬化、脳卒中に効果があったり、抗がん作用、認知症予防にも期待が持たれています。

フラボノイドの種類

フラボノイドは多くの種類があります。

ブドウの果皮やレタスなどの緑色野菜に含まれる「フラボノール」や「アントシアニン」、タマネギやパセリなどに含まれる「ケルセチン」、ブロッコリーに含まれる「ケンフェロール」、ミカンやオレンジなどの柑橘類に含まれる「フラバノン」、緑茶など茶類に含まれる「カテキン」、大豆に含まれる「イソフラボン」などがあります。

フレンチパラドックスをご存知でしょうか?脂肪の多い食事をしているフランス人に動脈硬化や心臓病が少ないという現象です。これは赤ワインのアントシアニンが影響していると考えられています。

フラボノイドの摂取量を増やすには、野菜を多く食べるのが有効な手段です。特に緑黄色野菜をたくさん食べている人は、フラボノイド摂取量が多くなる傾向があります。

日本人の伝統的な食事スタイルであれば、1日に数百mgのフラボノイドをとっていると考えられます。1日の望ましい野菜の摂取量は350gです。

フラボノイドを含む野菜や果物からは、β-カロチン、ビタミンC、食物繊維などの栄養素も多く摂取できます。

フラボノイドは水溶性なので、体内に蓄積されにくいので、毎日摂取することで、体内にフラボノイドを増やす意識が必要です。

フラボノイドの一種であるアントシアニンには糖尿病改善効果が期待される

ある研究者が「フラボン」と「アントシアニン」というフラボノイドの効果を試す実験を行いました。フラボンとは、パセリや、タイム、セロリなどの野菜やハーブに含まれている成分です。

英国のイースト アングリア大学とロンドン大学が共同で行ったもので、米国栄養学会誌に報告されています。

18~76歳の健康な女性1,997人を対象に、食事に関するアンケートを実施し、回答結果にもとづいて、食事から摂取しているフラボノイド類の総量と、6種類のフラボノイドそれぞれの量とを推算しました。

さらに血液検査により、血糖値、インスリン抵抗性、炎症の程度などをチェック。

その結果、野菜や果物からフラボンとアントシアニンを多く摂取している人では、インスリン抵抗性が改善され、血糖値が低めで、炎症が抑制されている傾向が認められたのです。

フラボノイド類には、インスリン抵抗性を改善し、血糖値を下げる作用があるのではないかと期待されるようになりました。

さらにフラボノイド類には、炎症を軽減する作用もあります。

炎症が慢性化すると、糖尿病・肥満・心血管疾患・がんなどの発症リスクが高まると言われています。

フラボノイド類は、アディポネクチンの分泌を促進すると思われます。

アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌されるホルモンで、インスリン感受性の亢進、動脈硬化の抑制、抗炎症の抑制などに有効だと期待されるホルモンです。

この調査からフラボノイドの一種であるアントシアニンには糖尿病を改善する効果があるのではないかと期待さるようになりました。

-ブルーベリーの効果