めなりは本当に効果ある?口コミや成分、副作用チェック!最安値で購入できるのはアマゾン?楽天?

めなり(ブルーベリーサプリ)は本当に効果あるのでしょうか?口コミや成分、副作用をチェックしました。めなりを最安値で安全に購入するにはアマゾン、楽天、ヤフーショッピング、公式サイト、どこがいいのかについてもまとめました。めなり購入前の参考にしてください。

緑内障

緑内障の検査

2017/05/09

今までは、緑内障検査というと眼圧検査が中心でした。

いいかえると、眼圧検査をしていれば緑内障を発見できる、という考え方が一般的だったわけです。

そんな常識がずいぶん変わってきています。

眼圧は正常なのに緑内障になる正常眼圧緑内障が日本人に多いことが、15年ほど前から世界的に注目を集めるようになっているのです。

緑内障という病気のメカニズムを考えてみると、緑内障とは、眼圧が原因となって、視神経が壊れていき、視野が障害される病気です。

つまり眼圧の検査だけでは十分ではなく、視神経や視野の障害についても検査しなければなりません。

緑内障の診断には、眼圧検査だけでなく、神経を見る眼底検査や視野検査が重要なのです。

現在、眼科で行われる緑内障の検査には、次のようなものがあります。

視野検査

視野に異常がないが、ある場合は、どの程度、どのくらいあるのかをみます。

緑内障では、経過観察や治療効果の判定にも、定期的な視野検査が必須です。

視力検査

急性の緑内障の場合は、視神経が急速に押しつぶされ、視野が悪くなりますので、視力も急激に下がります。

慢性の緑内障は、かなり進んでいても視力は保てます。

視力検査は、視野検査と併せて行います。

眼圧検査

眼圧計で21ミリHGを超えると高眼圧症と診断されますが、眼圧の高い人がすべて緑内障になるわけではりません。

一方、眼圧が正常の場合でも正常眼圧緑内障という場合もあります。

ただし、感圧が正常でも、視野や視神経に異常が認められる場合は、1日のうちに何回か眼圧を測る必要があります。

眼圧はいつも一定ではなく、季節や時間によっても変わることがあるからです。

そのうえで、正常眼圧緑内障なのか、実際は高眼圧による緑内障なのかを確認します。

なお眼圧の変動は、治療効果の判定の目安にもなります。

ただ、緑内障になると病気とは長く付き合っていかなければならず、1回の検査だけで、高い低いに一喜一憂するのは好ましくありません。

眼底検査

眼圧によって視神経線維が押しつぶされると、網膜による視神経乳頭にくぼみができます。

視神経線維が委縮して、数が減り、容積が減るためです。

健常な人の場合でも、乳頭部分には軽いくぼみがありますが、緑内障ではくぼみが深く大きくなります。

また視神経線維が欠損したところでは、網膜に黒い影が見えます。

このようなくぼみや、神経線維の欠損は、視野の異常より先にあらわれます。

緑内障の早期診断には、眼底検査による視神経のチェックが不可欠です。

また、とくに正常眼圧緑内障の診断には、眼底検査が重要です。

最近では、眼底検査による視神経の写真や、レーザーで視神経乳頭の立体構造を調べたり、視神経の厚さを測定する技術も開発され、診断や経過観察に役立っています。

隅角検査

鏡のついた特殊なレンズを角膜の上において、隅角の状態を調べます。

房水の排出口が開いているか閉じているかを見るもので、開放隅角緑内障か、閉塞隅角緑内障なのかを確定するうえで重要な検査です。

緑内障の診断に実は、近年、優れたものが開発され、急速に進んでいます。

緑内障は、早い段階で病気を見つけ、適切な治療すれば進行を食い止めることができる病気です。

40歳を過ぎたら、1年に一度の眼科の検査を受けましょう。

検査で異常が見つからなくても、眼科検診はぜひ続けたいですね。

OCT検査

OCT検査とは、目のCT、MRIともいえる光干渉断層計のことです。

今までの眼底検査は、網膜表面の状態を検査していました。

OCTではレーザーを用いて網膜の各層から反射し、戻ってきた波をコンピューターで解析することで網膜の断面を見ることができ、わずかな変化さえ検出できるようになりました。

具体的には、眼球の中心部の断面を観察します。

その結果、緑内障や網膜の病気の診断がスムーズにできようなりました。

反対にこの検査で緑内障ではないと分かり、治療を行う必要がなくなるケースもあります。

この検査は放射線を使用しないため安全で、数分間で終了し、痛みもありません。

検査は顎を器械にのせて正面を見ているだけです。

眼底写真のようにフラッシュをたいたりしませんので苦痛もありません。

検査結果は診察室のモニターで見ることができ、眼底写真と一緒に説明されますのでより分かりやすいでしょう。

-緑内障