めなりは本当に効果ある?口コミや成分、副作用チェック!最安値で購入できるのはアマゾン?楽天?

めなり(ブルーベリーサプリ)は本当に効果あるのでしょうか?口コミや成分、副作用をチェックしました。めなりを最安値で安全に購入するにはアマゾン、楽天、ヤフーショッピング、公式サイト、どこがいいのかについてもまとめました。めなり購入前の参考にしてください。

緑内障

緑内障の治療法-開放タイプ

2017/05/09

開放隅角緑内障は、房水の流し口の隅角は開いているのに、線維柱帯が目詰まりしているため、眼圧が高くなっているタイプです。

そこで開放タイプの緑内障の治療は、薬を使って防水の量を調節するなどして、眼圧をできるだけ下げ、視神経の負担を軽くする治療が重要になります。

これは、正常眼圧緑内障の場合も同じです。

正常眼圧緑内障は、初期は開放隅角緑内障と同じでありながら、眼圧が正常範囲のもので、開放隅角緑内障の一種と考えられています。

そのため治療法も、ほかに目の病気がないことを確認する必要ありますが、基本的に眼圧の高いタイプと同じを方法をとります。

正常眼圧緑内障では、眼圧が正常でも視神経が委縮しています。

視神経の抵抗力を高める治療ができればいいのですが、現在のところ、そうした治療法は確立されていません。

正常眼圧緑内障でも、眼圧を十分下げると、進行が止まったり、症状の進み遅くなることが分かっています。

そのためまず薬物療法から初めて経過をみます。

といっても、明らかに弾圧が高い場合は別として、眼圧が正常境界範囲の場合は、まず眼圧の変動もパターンを調べます。

これを調べないと、薬の効果なのか、体重や環境の変化で眼圧が下がったかの区別がつかないからです。

このような経過観察も、治療の一環です。

眼圧を下げる薬には、房水の排出を促す作用、房水ができるのを抑制する作用、その両方の作用もつものがあります。

基本となるのは点眼薬て、1種類を使用するときもあれば、2、3種類を併用する場合もあります。

一部では内服薬が使われる場合もありますが、副作用もあるため、点眼薬の治療が中心です。

なお薬には、なんらかの副作用があり、点眼薬も例外ではりません。

充血をおこす、しみる、ときには結膜が白くなる、近視が強くなる、涙や鼻水がでる、といった場合もあります。

くれぐれも自己判断をせず、気になることは必ず医師に相談してみましょう。

薬物療法の経過を見ながら、手術を検討することもあります。

開放タイプの緑内障の中期には、まずレーザー線維柱帯形成術があります。

これは房水のフィルターである線維柱帯の一部にレーザーを照射して、その部分の細胞を活性化させたり、網目を広げて、目詰まりを減らす方法です。

点眼麻酔だけで簡単に行える手術ですが、有効率は7割くらいといわれています。

また、房水の排出をよくする線維柱帯切除術も、世界中でおこなわれています。

これは強膜の一部を切除して、新しい排出口をつくり、房水を眼球の外へ流し出す手術です。

この治療法では結膜の下に房水を導くため、結膜にふくらみができますが、まぶたでおおわれているためほとんど目立ちません。

ただ乱視が強くなったり、違和感を感じることがあります。

また結膜が薄くなり、感染しやすいため、コンタクトレンズの使用はできるだけ控えたほうがいいでしょう。

さらに眼圧が下がりすぎる合併症があることも知られています。

この手術の応用として、チューブを刺して房水を逃がすシャント手術が日本でも保険適用になったようです。

-緑内障