めなりは本当に効果ある?口コミや成分、副作用チェック!最安値で購入できるのはアマゾン?楽天?

めなり(ブルーベリーサプリ)は本当に効果あるのでしょうか?口コミや成分、副作用をチェックしました。めなりを最安値で安全に購入するにはアマゾン、楽天、ヤフーショッピング、公式サイト、どこがいいのかについてもまとめました。めなり購入前の参考にしてください。

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性のタイプ

2017/05/09

網膜の黄斑部の中央には、中心窩というくぼみがあり、特に物の形や色を識別する視細胞が多く集まっています。

ここは目がまっすぐ対象物に向いた時に焦点を結ぶ場所で、網膜の中でも最も感度が高い場所です。

この中心窩にある色素上皮細胞が委縮し、変性していくのが萎縮型黄斑変性です。

加齢黄斑変性の約90パーセントは、このタイプです。

萎縮型の変性がなぜ起こるのか、そのメカニズムはまだ明らかになっていません。

しかし、この病変がおこると黄斑部が薄くなり、光に感受性のある細胞がゆっくりと機能しなくなり、中心部の視力は少しずつ低下することが分かっています。

萎縮型黄斑変性の場合、見えにくくなる速度が遅いため、白内障と勘違いする人もいます。

萎縮型は、滲出型と比べ、視力障害も軽度で、進み方も緩やかですが、中には滲出型に移行する場合がありますので、定期的な眼底検査がとても重要です。

滲出型黄斑変性

網膜には、底の部分で脈絡膜と接する網膜色素上皮という色素にとんだ細胞が並んでいる組織があります。

この網膜色素上皮の細胞が老化すると、網膜内に古くなった細胞が老廃物となってたまるようになります。

すると、この老廃物を吸収しようとして、底部の脈絡膜を走る毛細血管から、急ごしらえの欠陥がこの色素上皮にまでのびてくることがあります。これが新生血管です。

また、萎縮型の黄斑変性が進行していって、脈絡膜に新生血管をつくる場合もあります。

いずれにしても新生血管は、弱った組織をカバーするための応急措置としてできる血管ですので、構造が異常で、組織ももろいという特徴があります。

そのため、すぐ破れて出血したり、血液中の成分が漏れ出て、組織内にたまるようになります。

そのむくみは円盤状に隆起し、網膜を押し上げてしまいます。

このような変化が黄斑部におこると、視細胞のものを見る働きは、どんどん衰えていきます。

また滲出成分が黄斑部にしみ出すと、視細胞を壊し、物の形がゆがんで見えます。

このゆがんで見えるという症状は、加齢黄斑変の特徴の一つです。

また視野の中心に黒い点が見えることもあります。

さらに、硝子体出血になることもあり、この場合は視野全体に霧がかかったようになります。

加齢黄斑変性のうち、約10パーセントはこのような滲出型で、このタイプは、ほぼ90パーセントが強い視力低下につながります。

-加齢黄斑変性