めなりは本当に効果ある?口コミや成分、副作用チェック!最安値で購入できるのはアマゾン?楽天?

めなり(ブルーベリーサプリ)は本当に効果あるのでしょうか?口コミや成分、副作用をチェックしました。めなりを最安値で安全に購入するにはアマゾン、楽天、ヤフーショッピング、公式サイト、どこがいいのかについてもまとめました。めなり購入前の参考にしてください。

ブルーベリーの効果

ブルーベリーのコレステロール値低減効果

ブルーベリーに含まれるアントシアニンには、コレステロール値を低下させる効果もあると考えられます。

アントシアニンによる脂質代謝改善作用を示した臨床研究があります。
(J Clin Endocrinol Metab. 2013 Nov 27)

アントシアニンは、フラボノイドの一種です。

アントシアニンは赤紫色の色素であり、植物が紫外線や害虫などから自身を守るために産生しており、抗酸化作用や抗炎症作用が強いという特性を持っています。

この研究では、アントシアニンによる脂質代謝への影響およびパラオキソナーゼ(Paraoxonase 1; PON1)への働きが検証されました。

パラオキソナーゼ: PON-1とは、血液中にて善玉コレステロールの アポリポ蛋白A1に結合して存在し、リポ蛋白の酸化保護作用を示す抗酸化酵素の一つです。

動脈硬化や生活習慣病に影響を与え、脂質異常症では血清PON-1活性は低くなります。

今回の研究は、脂質異常症患者122名を対象に、

・アントシアニン投与群(320mg、分2)
・プラセボ投与群

の2群(各群n = 61)について24週間の観察がされています。
(二重盲検ランダム化偽薬対照試験として実施。)

この研究の結果は、プラセボ群に比べて、アントシアニン投与群には、HDLコレステロールの有意な増加(P < 0.018)、悪玉コレステロールの有意な低下(P<0.001)が確認されました。

アントシアニン投与群では、プラセボ群に比べて、HDL-PON1 が有意に活性化されたことも認められています。

今回の研究により、脂質異常症患者において、アントシアニンを含むブルーベリーサプリメントを投与することで、HDL- PON1が活性し、脂質代謝を改善できるのではないかと期待されるようになりました。

-ブルーベリーの効果