めなり(ブルーベリーサプリ)を最安値で安全に購入|めなりをおすすめする8個の理由

めなり(ブルーベリーサプリ)を最安値で安全に購入するにはアマゾンがいいのか、楽天がいいのか、それとも公式サイトがいいのか?めなりを最安値でお得に、そして安全に購入する方法をお伝えします。さらに数あるブルーベリーサプリの中でめなりをおすすめする8個の理由についてもまとめています。

ブルーベリーの効果

ブルーベリーのメタボ改善効果

メタボリックシンドロームとは、「内臓脂肪の蓄積と、それを基盤にしたインスリン抵抗性および糖代謝異常、脂質代謝異常、高血圧を複数合併するマルチプルリスクファクター症候群で、動脈硬化になりやすい病態」とされています。

肥満は脂肪組織に脂肪が過剰に蓄積して起こりますが、これは遺伝だけでなく、環境も大きく影響します。

食べ過ぎや運動不足が原因となっているというのは誰もが納得することでしょう。

メタボリックシンドロームのポイントは、内臓脂肪の蓄積です。

内臓脂肪をコントロールすることで、メタボは予防・改善できるのです。

内臓脂肪が蓄積するのは、食生活をはじめとする生活習慣が大きく影響するのは当たり前ですが、同時に脂肪細胞の機能破綻とその制御がメタボに大きな影響を与えているのです。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンには、体脂肪の蓄積を抑制する効果があるとされています。

マウスを使った次のような実験があります。

アントシアニンを含む紫トウモロコシ色素を使った実験です。

高脂肪食を与えてメタボ状態にしたマウスに、次の4パターンの食事を与えて、12週間観察しました。

  1. 普通食のコントロール群
  2. 普通食+紫トウモロコシ色素群
  3. 高脂肪食群
  4. 高脂肪食+紫トウモロコシ色素群

その結果、体重の増加量は高脂肪食摂取群では、開始5週目で有意に上昇し、4つのグループの中で最大になりました。

これは誰もが予想する結果でしょう。

  • 高脂肪食+紫トウモロコシ色素群
  • 普通食+紫トウモロコシ色素群

については、普通食のコントロール群と大きな違いがありませんでした。

つまり、紫トウモロコシ色素(アントシアニン)を与えることによって、高脂肪食を摂取したときの体重増加を抑制したと考えられます。

アントシアニンを摂取することで、肝臓や白色脂肪組織において、脂肪の合成系酵素の発生が少なくなったということです。

つまりアントシアニンは脂肪の合成を抑制する働きがあると思われます。

この働きによって、アントシアニンはメタボの予防・改善にも有効だと期待されているのです。

-ブルーベリーの効果